セミナー派遣エリアは全国対応、年間講演数 300 以上の実績。セミナー・研修講師派遣ならジャイロ総合コンサルティング。

ジャイロ総合コンサルティング

次世代の社長養成スクール

President’s School 

次世代の社長養成スクール

跡を継ぐ者こそが未来を担う

我が国の経営者(社長)の平均年齢は021年で62.49歳となり調査開始以来一貫して伸び続けている。社長の高齢化と業績悪化の関連性は高く、直近決算で減収企業の社長は60代が48.8%、70代以上も48.1%を占めている。結果的に企業の休廃業は5万6千件を超え、地域経済は困難な状況にあるとの認識が高まっている。そうした中で「事業承継」が急務と言われながら、現状で後継者が決まっている企業は12.5%に過ぎず、廃業予定企業が半数を超えている。
こうした地域企業の危機的状況に対しては現社長世代への意識喚起よりも、「跡を継ぐ者こそが未来を担う」と考え、次期社長候補(創業者・後継者・若手経営者)に対する意欲喚起(動機付け)を行い実務知識と技術習得の機会を与えるのが効果的であり、それこそが事業承継を確実なものとすることができる。

次世代・社長養成スクールでは

従来のような「知識一辺倒」ではなく、次世代を担う地域社会に貢献するを視点として社長という立場の社会性にも触れたモチベーションに軸を置き、そこから実学としての経営を意欲的に学んでいただきます。

カリキュラム設定対応!

ご要望に合わせてピックアップして5日、3日、1日などの対応も可能です。お気軽にご相談ください。

経営指導のプロフェッショナルが講師を務めます

大木先生画像ジャイロ総合コンサルティング株式会社
会長 大木ヒロシ

フランチャイズチェーンを複数立ち上げた経験を持ち、その経験を元に、セミナーおよびコンサルティングを業務とするジャイロ総合コンサルティング(株)を立ち上げる。現在では、大手企業から中小企業・商店までの多くのコンサルティングにおける成功事例を持つ。また、感動と共鳴を生む講演スタイルは他に追随を許さず、日常は多忙を極める。

ジャイロ総合コンサルティグ株式会社
代表取締役社長 渋谷雄大

神奈川大学卒業後、訪問販売会社にて最年少トップセールスを樹立。現在は、WEBを活用したプロモーションを実践。営業強化、店舗戦略、人材育成、販売促進、Webコンサルティングなど幅広い分野でコンサルティングを行う。
講演数は年間150回を超える人気講師である。

 

カリキュラム

全8日(1日 3時間)

講座講義テーマ内容適用
1日目
第1講座
次世代社長としての自らのミッション(現実的使命)を明確かつ具体的にする
  • 次世代社長のつまずきの原因とは
    • 社長になって気づくこと
    • 次世代社長の幻想と真実
    • 社長だからは通用しない、他
  • 次世代社長の成功と失敗の要因
    • 前社長の流儀を考えに入れる
    • 組織になじむ
    • 内部を把握する、他
講義
(90分)
演習1ミッション・シート作成
  • 引き継いだ事業の状況は「立ち上げ」「再建」「成長の促進」「再編」「成功の持続」のどこにあるのかを明確にし自らのミッションを明確かつ具体的にする
演習
(60分)
質疑応答社会・経済時論(10分)
質疑応答(20分)
  • 時宜に応じた社会・経済の話題を講師が解説し、それをもとに全員で意見交換を行い自社の経営に資する
(30分)
2日目
第2講座
経営戦略概論
  • 戦略とは
    • 企業経営における経営戦略策定の重要性
    • 戦略とは言葉であり、ダイナミズムである
    • 逆転を可能にする戦略フレーム、他
  • 会社経営における戦略転換(逆転の戦略)の可能性
    • Afterコロナという転換期を見極めるために
    • 賞味期限の切れた戦略にこだわるな
    • 成長から成熟の時代転換、他
講義
(90分)
演習2SWOT分析シート作成
  • SWOT分析を用い、引き継いだ事業の環境変化と自社の「強み」と「弱み」を明確にし新たな経営戦略を構築する
演習
(60分)
質疑応答社会・経済時論(10分)
質疑応答(20分)
  • 時宜に応じた社会・経済の話題を講師が解説し、それをもとに全員で意見交換を行い自社の経営に資する
(30分)
3日目
第3講座
次世代社長のリーダーシップ
  • リーダーシップとは何なのか?
    • 経営(management)観点からのリーダーシップ
    • リーダーシップとは「仕事」である。ピーター・ドラッカー
    • オーセンティック・リーダーシップという考え方、他
  • モチベーショナル・リーダーシップ
    • 組織志向、親和志向、個人権力志向のリーダー
    • リーダーの達成動機と権力動機
    • 新・動機づけ理論とリーダーシップ、他
講義
(90分)
演習3自らのリーダーシップスタイルを確認する
  • 個別に所定の「リーダー・スタイル」シートに書き込みを行い、5名程度のグループに分かれ理想のリーダーシップスタイルについてフリーな意見交換を行う
演習
(60分)
質疑応答社会・経済時論(10分)
質疑応答(20分)
  • 時宜に応じた社会・経済の話題を講師が解説し、それをもとに全員で意見交換を行い自社の経営に資する
(30分)
4日目
第4講座
人材の採用と育成
  • 自分を鍛える、人材を育てる
    • 欠点を直すより、長所を伸ばす
    • 相互作用効果を活かす
    • 長所を見極める
  • 働き方改革に向けた新たな採用の仕組み
    • 1人当たり生産性とテレワーク導入の可否
    • ジョブワーカー型の人材活用で人件費の変動費化を図る
    • 働き手の範囲を拡大するリモート・ワーク、他
講義
(90分)
演習4人材育成に向けた「コーチング・ロールプレイ」演習
  • 3人1組に分かれ、「問題を抱えた社員」「社長役」「観察者」の役割で面談(コーチング)のロールプレイを行う。観察者は社長役の状況を観察し所定の書式に書き込み、社長役に送る。
  • 観察記録を観察者が読み上げ組内で意見交換を行い、各々のコーチングの強点・弱点を客観的に捉えることで部下育成の能力を高める。
演習
(60分)
質疑応答社会・経済時論(10分)
質疑応答(20分)
  • 時宜に応じた社会・経済の話題を講師が解説し、それをもとに全員で意見交換を行い自社の経営に資する
(30分)
5日目
第5講座
経営と数字「計数管理」
  • 財務会計の流れを把握する
    • 帳簿を確実に
    • 勘定科目とは
    • 費用とは
    • 決算書読み方「損益計算書」「貸借対照表」
    • 短期的対策は損益計算書の活用、他
  • 資金繰りとは
    • 黒字倒産?
    • ポイントは「出る金」他
講義
(90分)
演習5資金繰り表の作成
  • 所定のフォーマット(月次資金繰り表3カ月)に従って作成する。※前期の決算書を持参
演習
(60分)
質疑応答社会・経済時論(10分)
質疑応答(20分)
  • 時宜に応じた社会・経済の話題を講師が解説し、それをもとに全員で意見交換を行い自社の経営に資する
(30分)
6日目
第6講座
Afterコロナの新たな時代に向けて事業再構築(innovation)の必要性と可能性を探る
  • 次世代経営者としてのイノベーションへの取組
    • 持続的な経営には絶えざるイノベーションが不可欠
    • 低予算イノベーションのポイント
    • 模倣型イノベーションのポイント、他
  • 事業再構築の可能性
    • 事業再構築とは
    • 最大1億円の事業再構築補助金とは
    • 補助金申請のポイント、他
講義
(90分)
演習6事業再構築に向けた新たな事業アイデアの構築
  • 経産省(中小企業庁)の「中小企業等事業再構築促進事業の活用イメージ」をもとに自社の再構築に向けたビジネスアイデアをまとめる
演習
(60分)
質疑応答社会・経済時論(10分)
質疑応答(20分)
  • 時宜に応じた社会・経済の話題を講師が解説し、それをもとに全員で意見交換を行い自社の経営に資する
(30分)
7日目
第7講座
DXの戦略的導入
  • DXとは何か。DXは決して難しくない
    • DX推進と「2025の崖」問題と企業
    • デジタル庁発足と地域におけるDX導入
    • 中小企業を救うDX導入、他 
    • DXの戦略的導入
    • バリューチェーンとDX
    • マーケティングの4PとDX
    • DX導入のポイント、他
講義
(90分)
演習7DX導入に向けてイニシャルでの導入箇所(業務)を決める
  • 会社の業種・業態に合わせ、4Pまたバリューチェーンのどの部分をDX化するかを所定のフォーマットに書き込む
演習
(60分)
質疑応答社会・経済時論(10分)
質疑応答(20分)
  • 時宜に応じた社会・経済の話題を講師が解説し、それをもとに全員で意見交換を行い自社の経営に資する
(30分)
8日目
第8講座
ビジネスモデル構築
  • ビジネスモデルは儲かる仕組み
    • ビジネスモデルに変革を迫るDXの流れ
    • ビジネスモデルは経営者の「やりたいこと」の確信
    • ビジネスモデルのフレームワーク、他
  • ビジネスモデルとリーンスタートアップ手法
    • 新事業の70%が失敗に終わっているのは何故
    • 新事業を失敗させないリーンスタートアップ
    • 顧客実証そして顧客開発、他
講義
(90分)
演習8新規事業のビジネスモデルをシート化する
  • 所定の「ビジネスモデル・シート」に沿って自社の新事業のビジネスモデルを作成する
演習
(60分)
質疑応答社会・経済時論(10分)
質疑応答(20分)
  • 時宜に応じた社会・経済の話題を講師が解説し、それをもとに全員で意見交換を行い自社の経営に資する
(30分)

研修・セミナー企画担当者様へ

予算に関しては、補助金などの都合があると思いますので、柔軟に対応いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせは

03-3808-2241

(担当:室橋・片田)

受付時間:10:00~18:30

webからお申し込み・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

24時間受付

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町3-43-2
TEL:03-3808-2241
FAX:03-3808-2243

セミナー&研修.net
インバスケット・カレッジ