セミナー・企業研修・経営コンサルティングに関してのご相談・お問い合わせ(47都道府県全国対応)

03-3808-2241電話受付時間:平日10:00〜18:0003-3808-2241セミナー・企業研修・経営コンサルティングに関してのご相談・お問合せ

SEOは一旦捨てなさい (渋谷雄大)

SEOは一旦捨てなさい (渋谷雄大)


ホームページの役割を見直す時期が来ている。
一時期ホームページといえばSEO(検索エンジン最適化)が全てのような風潮が溢れており、アクセスアップのノウハウで氾濫していた。
ホームページへのアクセスの多くは検索エンジン経由であるだけに、検索エンジン対策を大きなウェイトを占めることは確かである。では、ホームページの素人がSEO対策を行なったところで、これだけ競争の激しい世界で上位表示は可能なのだろうか。
巷には様々なノウハウ本が溢れているが、果たしてかたっぱしからその本の内容を実践すれば上位表示が可能なのだろうか。ノウハウ本として出版されているということは、少なくともその本を購入した同業者が同じ対策を打つとは考えられないのだろうか。本に書かれている内容は、他の大勢の同業者も見ている可能性がある。ということは、同じノウハウを習得した場合、成否の分かれ目は、資本力やブランド力などの企業本来のパワーで決まってしまうのではないか。
SEOを否定するつもりは無いのだが、SEOに本気で取り組むのであれば、相応の時間と資金が必要になる。今までホームページへの取り組みが甘かった企業が、一念発起してSEO対策に取り組むにはあまりにもリスキーではないだろうか。
だからと言って、ホームページで売上アップするのは諦めろ!と言っているわけではない。
そもそもホームページは手段のひとつにしか過ぎない。手段は目的に規定される。企業のポリシーに沿って、ホームページが成立していなければならない。
先日香川県で行った販促セミナーの受講者のうどん屋さんの話だ。彼のポリシーは一見客にはまずうどんの旨さを実感してもらい(もちろんお代は頂かない)、その後本当に美味しかったと実感したら購入してもらうようにしている。結果、多くのリピート客や紹介が発生しているのだが、このうどん屋さんがホームページをリニューアルしたいと言う事で相談を受けた。もちろん新規顧客の開拓を狙いたいという要望であったが、もしもこのうどん屋さんがSEO対策を行い、新規購入者を増やしたらどうなるか?うどん屋としてのポリシーとホームページの方策に一貫性が無くなり、今のお客様を裏切ることにはならないだろうか。ではどのようなホームページならば今のお客様を裏切らないのだろうか?答えはまだ明かせないが、そのうち回答をお伝え出来ることであろう。きっと面白いホームページが出来上がるのではないだろうか。ポイントは現況の商売とホームページの方向性が同じ方向を向いているかどうか?という事である。

新規客を捉えるのだけがホームページではない。

人口減少時代にあって、新規顧客開拓のみをテーマに置くことは現実的ではない。人口が減少していくのだから、当然一度購入頂いた顧客が離れないような仕組みを考える事が最重要だと考える。
SEOを施して訪問者数が多く、購入者は多いが、リピート率の低いホームページと、訪問者が多くは無いが確実に購入につながり、多くの購入者がリピート購入に繋がるホームページとどちらが良いのだろうか。私は後者のホームページを考えるべきだと考える。
ホームページの世界は『比較対象』の世界だと考える。比較される世界では必ず価格競争や立地競争(SEO)、機能競争へとあなたのホームページは誘われる。この世界に入ったが最後、抜け出せなくなる。商品を中心に販売を行うホームページはすべからくこの世界に入っていくのである。
例えば冷蔵庫は、A電気屋、B家電量販店、Cネット通販のどこに行っても同じものが店頭に置かれている。一目瞭然である。目に見える商品というのは、競争を生みやすいのである。より近いところ、より安いところ、より品揃えが多いところ。という具合に。
対して、悩みや欲求に訴求した場合は、比較検討が起きにくくなる。
例えば前述のうどん屋さんは贈答品を中心に展開をしているが、贈答する側の視点に立った場合、どこの馬の骨とも分からないネットショップからギフトを贈る事に躊躇するはずである。贈答品を贈る人の悩みは、「安心して信頼できる商品を安心出来る人(ホームページ)から贈りたい」。しかも「いつも同じものだと手を抜かれていると思われるし、少し趣向を凝らしたものを贈りたい」と思っている人は多いはずである。要するに贈答品を贈る人は、比較検討で安い商品という基準で選ぶのではなく、信頼できる業者が取り扱っている商品を選びたい。と思っている。そこで前述のうどん屋さんは、徹底的に商品の良さを実感してもらう事、うどん屋の店主の人柄や真摯さを直に感じてもらうことに重点を置いている。何しろ、お金を払って食べに来ているお客様からお代を頂かずに、おみやげまで持たせて帰らせることもあるのだから、受け取った側としては、その商品の自信と店主の真摯さに感動せずには居られないのである。そして、ここで受けた接客や感動は当然他の人にオススメしたい、と思うのである。その結果リピート率は通常では考えられない高さを誇っているのである。
このうどん屋さんは価格や立地、ブランドで選ばれたお店ではない。だからこそ、ここのお客様は大切な人への贈り物はここしかないと考えるのである。「この店なら間違いない!」と心の中で言葉を発しているはずである。他の多くのネットショップが、商品中心で販売しているからこそ、そうでないショップが貴重になるのである。大手ショッピングモールが流行れば流行るほど、きっとこのうどん屋は繁盛するであろう。
ホームページとは、その会社のポリシーに沿って作られなければならないし、そうでないホームページはどれだけSEO対策を行なっても、お客様の心にあなたのお店の記憶を残す事は出来ない。これだけ競争の多いインターネットの世界で生き残るには、いかにしてお客様の心に刻み込めるか、が勝負である。
インターネットというと、どうしても手法の話になりがちだが、手法勝負はイタチごっこの世界であり、アクセスアップとはそのイタチごっこの最たるものである。これからホームページで勝負しようと考えている企業が考えなければならないのは、少なくとも一度訪れた訪問者にいかにして記憶に残して貰えるか。では無いだろうか。インターネットであろうが、現実のお店であろうが、お金を出すのは同じ人間だということを忘れないで欲しい。

ジャイロのメールマガジン「ジャイロエクスプレス」

商工会・商工会議所担当者向けメールマガジンの決定版!

登録   解除
メールアドレス(必須)
名前(必須)
弊社との関係(必須)
何をご覧になりましたか?

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町3-43-2
TEL:03-3808-2241
FAX:03-3808-2243

セミナー&研修.net
インバスケット・カレッジ