トップ > 経営キーワード > マーケティングの4C

マーケティングの4C

世界一厳しい消費者を言われる日本において、4Cの考え方は大変重要となります。また、厳しい競争を生き残っていくためには、しっかりと4Cの考え方を身につけておく必要があるでしょう。

マーケティングの4P

まずはマーケティングの基本であるマーケティングの4Pを説明します。

  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Promotion(販売促進)
  • Place(販売ルート)

マーケティングの4Pとは、上記の4つのことを指します。
頭文字がすべて「P」で始まるので「4P」と表現されます。

これらは、マーケティングつまり商品・サービスを消費者に売るために考えるべきことを列挙したものです。この4つは、企業がいかにして消費者にものを効率的に届けるかに視点が置かれたものです。

つまり企業サイドの視点に立ったマーケティングの考え方なのです。
最近話題になっている「4C」とは、この4Pの企業側からの観点に加えて、消費者サイドからの視点でマーケティングを考えようというものです。

マーケティングの4C

それでは、マーケティングの「4C」について説明します。

<マーケティングの4C>

  • Customer Value(顧客にとっての価値)
  • Cost to the Customer(顧客の負担)
  • Convenience(入手の容易性)
  • Communication(コミュニケーション)

上記が4Cと言われるものであり、顧客の視点を重視したマーケティングの考え方です。

まずは、@その製品・サービスが顧客にとってどんな価値をもたらすかという視点で考えることが最初のステップです。

作った製品をマーケットにいかにして売るかを考えている「4P」の考え方とは異なるもので、あくまでも消費者にとっての価値からスタートしています。その製品によって、楽しくなるのか、優越感に浸れるのか、癒されるのかなどどんな価値があるのかを明確にします。

次に考えるのは、Aその価値を手に入れるのにどれだけのコストが掛かるか。またその製品・サービスにいくらならコスト負担できるのかを考えることです。

4Pと基本的には変わりませんが、消費者のコストであるという認識のもと価格設定を考えようということです。

B入手の容易性は、近くのどこの店にもあるものやネットで24時間入手可能など顧客の利便性に焦点を当てた考え方です。

顧客の求める価値に合致した入手容易性が求められます。最寄品では、この入手容易性への期待が非常に高いでしょうし、高級品であれば逆に入手困難なものへ人気が集中したりします。顧客の求める価値に合致した容易性を構築しましょうというものです。

そして最後に、Cコミュニケーションです。

これは、企業側のメッセージが正確に消費者に届いているか、逆に顧客の声が企業に届いているかという観点で双方向のコミュニケーションを円滑にとれる仕組みを構築しましょうというものです。

以上が「4C」と言われるものですが、「4P」にとって代わるものではなく、「4P」「4C」双方の観点からマーケティングを考えていく必要があります。

下記のように、4Pと4Cは対になるものであり、企業側の視点か消費者側の視点かどうかの違いです。

  • Product(製品) ⇔ Customer Value(顧客にとっての価値)
  • Price(価格) ⇔ Cost to the Customer(顧客の負担)
  • Promotion(販売促進) ⇔ Communication(コミュニケーション)
  • Place(販売ルート) ⇔ Convenience(入手の容易性)

この2つを軸にして自社の事業展開を考えることがマーケティングを考えていく上で大変重要な事でしょう。

経営キーワードに戻る

 

コンサルティング・セミナー・研修メニュー

チラシ販促セミナー・商圏大勝

お問い合せ・ご依頼