セミナー・企業研修・経営コンサルティングに関してのご相談・お問い合わせ(47都道府県全国対応)

03-3808-2241電話受付時間:平日10:00〜18:0003-3808-2241セミナー・企業研修・経営コンサルティングに関してのご相談・お問合せ

商工会・商工会議所向け:受講者の集まるセミナーのための『テーマの設定』

商工会・商工会議所向け:受講者の集まるセミナーのための『テーマの設定』


セミナーで人を集めるテーマ設定

セミナーの成功・失敗を分ける要素で大きいのは、受講者募集の多寡にあると言われます。どんなに優れた内容のセミナーであっても、受講者が0であれば、それは意味を失ってしまいます。

セミナー事業をコスト&パフォーマンスで考えても、50万円(会場費・広告費・講師謝金・その他雑費)の費用で5人というのであれば、受講者一人当たりコストは10万円となりますが、販売促進がテーマのセミナーで一人に10万円をかけるよりは、別の方法で、例えば「実際に10万円のコンサルティング費用で販促チラシ等を作成した方が、実際の売上効果は高い」かも知れません。

こうして見ると、セミナー事業では集客性(受講者募集)を高めることが大変に重要な点になります。

商工会・商工会議所のような公的な機関にとって、セミナー事業はより多くの方に受講していただくことで公的なニーズを達成する性質のもの、といえるでしょう。

受講者をより多く集めるためには?

「受講者をより多く集める」ためには広告・宣伝が不可欠です。 受講者募集の宣伝・広告にあたっては、会員企業の要望をテーマとして組み入れることが重要だと言われますが、実際には、それぞれの会員企業ごとにセミナーや研修に対するニーズは違っている場合が殆どです。だからといって、ニーズの多様化に沿って、セミナーのアイテムや回数を増やせば受講者は分散し、一回当たりの集客数は確実に減ってしまいます。

重要なのは、会員企業の最大公約数的な「マス」を見極めることに尽きます。それは、業種・業態・規模を超え、中小企業の経営者の誰でもが、「漠然とはしていても、皆が思っていること(内面的・精神的)」になります。こうしたことが、セミナーのテーマとして設定されたときに、かつてないような受講者数を獲得できるのです。

例えば、現状では多くの事業者は、「売れなくなった」と考えています。そして、「何故売れなくなったのかが分からない」。しかし、このままでは「事業を継続できないかも知れない」とマイナス思考が続きます。この心理に応えるテーマが設定できれば、受講者募集はほぼ成功です。

しかし、多くの場合、テーマは経営革新、創業、軽減税率対策、消費税適正転嫁対策、等々と決まっています。こうしたテーマを明示することは政策上不可欠ですが、集客効果は望めません。

そこで、サブテーマの工夫が重要になります。

例えば、経営革新という基本テーマに、サブテーマとして「『売れなくなった』を『売れるように変える』それが経営革新のことです。」と添えるだけで、集客力は大きく上がります。

軽減税率関連で言えば、「軽減税率研修」というメインテーマの上に「分からないものは知らないから、知ることから始めましょう」と添えます。事業承継なども、サブテーマを「あなたと家族と従業員の幸せのために」と添えると効果的です。

要するに、サブテーマでメインテーマを分かり易くすること、興味を持たせることで集客力を高めるのです。

大木 ヒロシ(おおき ひろし)

フランチャイズチェーンを複数立ち上げた経験を持ち、その経験を元に、セミナーおよびコンサルティングを業務とするジャイロ総合コンサルティング(株)を立ち上げる。現在では、大手企業から中小企業・商店までの多... » もっと見る

ジャイロのメールマガジン「ジャイロエクスプレス」

商工会・商工会議所担当者向けメールマガジンの決定版!

登録   解除
メールアドレス(必須)
名前(必須)
弊社との関係(必須)
何をご覧になりましたか?

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町3-43-2
TEL:03-3808-2241
FAX:03-3808-2243

セミナー&研修.net
インバスケット・カレッジ